神奈川高校野球春季大会 東海大相模VS大和南

画像


サーティーフォー保土ヶ谷球場に行ってきました。野球エリート集団と県立高校の対決。試合前から守備練習、応援団の規模、そしてユニフォームで貫禄の差を見せつけています。拮抗した接戦もいいですが県大会では完膚なきまでの力の差をみせるゲームの楽しみの一つです。 東海大相模は7安打ながら10四死球を絡め12点を奪い、先発の斎藤礼二投手(2年)、大和田聖人投手(3年)と両右腕の継投でコールド勝ち。参考ながらノーヒットノーランを
達成しました。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • test

    カメラの機種は何をお使いですか。
    2017年07月30日 11:43

この記事へのトラックバック